目の病気について


ドライアイ アレルギー性結膜炎 はやり目飛蚊症
弱視白内障 緑内障糖尿病網膜症


ドライアイ
涙の量が減少したり、涙の成分の質が悪くなる事により目の表面に障害が 生じる疾患です。涙が少なくなると涙の役割が低下し、目が乾いて傷がつきやすい 状態となり、目に障害を起こします。
症状としては、目がゴロゴロする、目が乾く、目が疲れる、目が充血する、 目が重い、何となく目に不快感がある‥症状が強かったり、 長引く場合は、眼科での治療が必要だったり、他の病気が隠れている可能性 があります。眼科を受診しましょう。
近年コンピューターやテレビゲーム などの普及、高齢、ストレス、乾燥した部屋、コンタクトレンズの装用 など様々な原因により増加傾向にあります。

戻る
アレルギー性結膜炎
季節性アレルギー性(花粉症)と、通年性アレルギー性の結膜炎があります。詳しく正確に 判断するには、専門医の受診を受け、適切な治療を受けましょう。
症状としては、目がかゆい、白目が充血する、目やにが出る、涙が出る、まぶたが腫れる、 目がゴロゴロする、またコンタクトレンズ装用に起因するものもあります。

戻る
はやり目(ウイルス性急性結膜炎)
症状としては、白目が赤くなる、目やにや涙が増える、かゆみ、しょぼしょぼ感、 ゴロゴロ感、まぶしい感じなどがあらわれます。症状がひどくなると、出血、 耳の前のリンパ腺の腫れ、まぶたの急激な腫れ、白目がブヨブヨしてくる、 発熱などが起こることがあります。
原因としては、細菌・ウイルス・カビなどの微生物・紫外線、ほこり、ごみ、 摩擦などの物理的刺激、酸・アルカリなどの化学的刺激、花粉などによるアレルギー 反応などにより結膜に炎症が起こります。このうち、短期間に集団的に発生する 急性結膜炎がいわゆる”はやり目”といわれるものです。これは患者さんの目 からの分泌物がもとで伝染します。ウイルスによるものが最も多く、伝染性も 非常に強いので感染予防がとても大切です。おかしいと気が付けば早く受診し 適切な治療を受けましょう。

戻る
飛蚊症
明るい所や白い壁、青空などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどの浮遊物 が飛んでいるように見えることがあります。視線を変えても一緒に移動してくるように 感じられ、まばたきしても目をこすっても消えませんが暗い所では気にならなくなります。 このような症状を飛蚊症といいます。外からの光は、角膜→硝子体→網膜へと達します。 ところが硝子体に何らかの原因で”濁り”が生じると、その濁りの影が網膜に映り 、あたかも虫や糸くずなどが飛んでいるように見え、飛蚊症として自覚されます。 この濁りの原因には、生理的なものと病的なものがあります。病的な原因としては 網膜裂孔・網膜剥離・硝子体出血・ぶどう膜炎があります。 飛蚊症の症状に気付けば、その原因が生理的なものか、病気なものかを自分で判断せず 眼科で検査を受けましょう。

戻る
弱視
赤ちゃんが生まれ、三歳になると、半分以上の子供が、1.0見えるようになり、 六歳で大人と同じ視力を大部分の子供がもつようになります。毎日目を使って 絶えずものを見ていないと子供の視力は発達しません。成長過程で何かの原因で ものが見にくい時期があると、見にくい方の目は視力の発達が止まってしまいます。 このように視力が悪い状態で止まってしまうことを弱視といいます。 弱視は早期発見が大切です。三歳位までに弱視を発見できると、視力はかなり回復します。 また親御さんの注意で予防することができます。乳幼児の目に少しでも心配な点 があれば、必ず眼科を受診しましょう。三歳児健診での視力検査は必ず受けるように しましょう。

家庭で弱視を発見するには
1.いつもテレビを前の方で見る。
2.目を細めてものを見る。
3.いつも頭を傾けてもの見る。
戻る

白内障
まぶしく感じたり、ものがかすむ、ものが二重三重に見える、老眼鏡をかけても細かい 文字が見えにくいなどの症状があれば、眼科を受診しましょう。
加齢などが原因で水晶体が濁ってくる(白く、すりガラス状になる)と 光が眼底に入りにくくなるため、網膜に像を結ぶ働きが弱くなり、かすんで 見えるようになります。これが白内障です。
軽度の場合は、薬で進行を遅らせます。日常生活に不都合が出る場合は、 手術で眼内レンズを挿入し、視力を回復します。

戻る
緑内障
緑内障は「眼の成人病」といわれるほど中高年の人に多く、失明する主な原因の ひとつです。日本では40歳以上の約17人に1人いるといわれ、推定400万人位いると考えられて います。そのうち治療を実際受けているのは約2割といわれ、ほとんどの人は自分が緑内障であること を知らないことになります。
この病気は進行してくると、視野が周辺や中心からずれたところから欠けてくる為、 視力がなかなか落ちてこないので、患者さん自身病気にほとんど気づくことがありません。 緑内障は、主に眼圧が高くなることにより、視神経がおかされ視野障害が起こる病気です。
眼圧は、眼球の中に毛様体と呼ばれる小さなところから房水と呼ばれる一種の水が分泌され 出口(シュレム管)から眼球の外へ流出されます。この両者のバランスで眼圧が正常に保たれます。 緑内障では多くの場合、この出口がいろいろな理由でふさがれる為、眼球の中に水がたまって 眼圧が上昇し、眼球の中の視神経が圧迫され徐々に弱って、いろいろな異常がでてくるのです。 最近では正常眼圧であっても、人によっては視神経が弱って緑内障になることがわかっています。 緑内障かどうかの診断は、眼圧検査・眼底検査と視野検査の結果とあわせて判定されます。 緑内障の初期の視野欠損は気付きにくいうえ、いったん起こると元に戻りません。 早期発見・早期治療が何よりも大切です。また治療は、勝手に中断したり放置しないようにしましょう。 定期検診は必ず受けましょう。
戻る
糖尿病網膜症
近年、糖尿病の合併症(白内障・網膜症・緑内障)の一つである糖尿病網膜症による失明が大きな 問題になっています。糖尿病の中で非常に危険なもので、その症状が自覚されないうちに進行し、 自覚症状が現れたときには、すでに失明の危機に瀕した状態であることがほとんどです。 これを防ぐためには、糖尿病と網膜症に関する知識を十分に知る事と同時に、 日頃から目に関心を持ち、定期的に眼底検査を受けることが大切です。早期発見・早期治療が失明防止 につながります。糖尿病網膜症は、平成14年の厚労省調査によると、日本では現在740万人 の糖尿病患者がいると推定され、これは40歳以上成人の約10人に1人が糖尿病患者 であることになります。その原因は、高度成長を遂げた日本で、食生活を含めたライフスタイルが欧米化され、 また一方でストレスがたまりやすい社会環境が作られて、糖尿病にかかりやすくなっていることにあるようです。 糖尿病に起因する合併症で、糖尿病網膜症が失明原因の 第一位で増加傾向にあります。

戻る