検査器械 U

ドライアイモニター DR−1
涙の層を写真撮影することにより、より正確な診断が可能です。


スペキュラーマイクロスコープ
角膜内皮細胞を電子映像として撮影し、術後の角膜内皮細胞等の変化、 コンタクトレンズ装用に伴う酸素不足による角膜内皮細胞への影響を経過 観察し、コンタクトレンズの正しい選び方・装用の仕方について参考にします。

角膜形状測定装置 TMS−SA
不正乱視、円錐角膜の診断、コンタクトレンズの障害等解析します。


自動検眼装置 RT2100
スピーディーで正確な視力検査が可能です。



調節機能検査機 アコモドメーター
コンピューター、テレビゲームなどの普及により眼精疲労が大きな社会問題 になっています。アコモドメーターにより連続近点検査を行い、調節機能と 調節力の経過観察を行います。

ビノキュラーセパ
斜視、弱視の診断と経過観察を行います。